2019.06.18

ブラザー対談

<弟>

中岡 昂勢Kosei Nakaoka

Profile

2019年入社(新人社員)販売部 販売課(仮配属)

頼りになる先輩がいる心強さ!ブラザー制度があってよかった!

<兄>

髙市 涼太Ryota Takaichi

Profile

2017年入社(3年目)販売部 販売課

兄役は、大変さよりも面白さが勝ち、己の成長が隠れている!

×Talk

本当の兄弟のように感じてしまう、この距離感。

初対面からタメ口で話しかけてきたよね。(笑)

髙市さんのこと同期だと勘違いをしていました。(笑)同期が敬語で話しているのを見て先輩社員だとわかり、謝りました。

中岡君は、本当の弟のように、気兼ねなく好奇心旺盛に質問してくれる。仕事の姿勢がいいよね!兄としても、先輩たちから代々引き継がれてきたことをしっかり伝えなきゃと意識を持って、日々指導している。

髙市さんは、初めから優しいイメージがありましたし、とても質問しやすい雰囲気があるので、気兼ねなく質問できます。それに研修の時に、見当違いなことでもとりあえず質問しろ、と言われたのが印象的でした。

後から分からないとなるよりは、今聞いた方がいい。その時思ったときは、その時に聞く。これ大事!会議のときとかは恥ずかしいかもしれないけど、まっすぐに思ったことを質問すれば、度胸もつくし、最後は必ず自分のためになる。

今のうちに、しっかり取り組んだ方がいいですね。

やる人とやらない人では、差が出てくるよ!

髙市さんのように、何かあったら頼れる人が、社内に1人いるというのは絶対的な安心感です。もし、髙市さんがいなかったら誰に相談していいか分かりませんし、どこかで必ず見守ってくれていて、気にかけてくれます。

注意できるのは、兄である自分だけだからね。自分の役目として、弟のことは気にかけるようにしているし、兄だからこそ気がつけるところもある。弟の成長を見るのはとても嬉しい。

ありがとうございます。

修羅場こそ、人は大きく成長する。

髙市さんと仕事をしていて、3年目でここまで仕事ができるようになるか正直心配です。

最初のうちは、失敗しても怒られないから、どんどん失敗したらいいと思う。

失敗してもいいという気持ち、正直まだ持てません。自分の中で失敗する想像が膨らむと、行動することを躊躇ってしまうのが本心です。

わかるよ。僕もたくさんの修羅場を経験した。でも、それは全て成長の機会だと思う。挑戦して、失敗して、反省して、また挑戦して…を繰り返して一つずつできるようになっていくよ!

失敗を恐れないというのが今の自分の課題だと改めて感じました。今のうちにたくさん失敗しておきます。

その調子!

まずは自分でやってみる、そこに意外な発見がある。

髙市さんは、やりたいことをやりたいようにやらせてくれる印象が強いです。

僕は、基本的なことは教えるけど、その先は本人に任せている。手取り足取り、具体的に何をしろという風に指導せず、与えられた選択肢の中で、中岡君がどうするか自分で考えて、裁量を持って取り組んでもらう姿勢を大切にしている。

裁量を与えてもらうことは不安ですけれど、自分の思った通りにやらせてもらえるのはワクワクして楽しいです!

持てる選択肢の中から、中岡君が選んだ方法が意外だったり、自分には無い発想だったり、面白い発見もたくさんあって、自分自身も勉強になるよ。

そうですか!

兄役を通じて、僕も一緒に成長できているなと感じている。 他の兄姉がどんな風に指導しているのかを知る機会があまり分からないから、お互いの情報共有できたらいいと思う。これから兄姉役ならではの悩みを相談したり、指導方法が共有できる仕組みを作っていきたい。

それは、いいですね!自分が、兄になった時に参考にします。

中岡君は必ずいいお兄さんになれるよ。これからもよろしくね!

よろしくお願いします!