MENU

LPガス供給

環境にも人にも優しく、災害に強いエネルギーであるLPガスを供給する事業を行っております。LPガスは、ご家庭や飲食店の台所・厨房はもちろん、給湯や暖房、燃料電池の燃料として幅広く利用されています。また、家庭や飲食店以外でも、工場等の産業用ボイラーの燃料や病院・オフィスビルの空調、工業用では溶断・溶接・加熱作業等、分野を問わず様々な場面で活用されており、わたしたちの生活に欠かせないエネルギーです。札幌アポロ石油㈱グループでは、1960年のLPガス小売販売事業開始から55年以上にわたり、地域のお客様に密着したLPガスの供給事業を行っております。

販売店向け卸売事業

およそ40の販売店様にLPガスの卸売事業を行っております。販売店様と連携して事務や配送業務等の一元化を図り、業務の効率化とコストの削減を実施しています。また、地域の販売店様と協力体制を構築することによって、より多くのお客様へ安定してLPガスを供給できるように努め、地域密着性の高い事業形態の実現を目指しております。

家庭向け小売事業

札幌市を中心に一般家庭に向けたLPガスの小売事業を行っております。法令によって定められた保安業務だけではなく、自主点検の実施、警報器や自動通報装置の設置推進等の自主的な保安業務、雪害による危険発生防止の注意喚起等の地域に根ざしたサービス提供を行っており、お客様により快適に安心してLPガスをご利用いただけるように努めております。

法人向け小売事業

法人に向けた業務用・産業用・工業用LPガスの小売事業を行っております。LPガスは、環境にやさしく災害にも強いため、法人用の燃料として優れたエネルギーです。LPガスの小売だけではなく、燃料転換シミュレーションや最適な器具・システム導入、燃料コスト削減等のご提案も積極的に行っております。

オートガス事業

オートガススタンドにて、車両の燃料用LPガスの小売事業を行っております。LPガスを燃料とするLPガス車は、排気ガス中の二酸化炭素や有毒物資の含有量が少なく、燃費が良いため、長距離を走行するタクシーやトラック、法人の営業車両等に多く利用されています。

災害対応型LPガスバルク供給システム

災害時にも利用できる災害対応型LPガスバルク供給システムのご提案を行なっております。LPガスは分散型エネルギーと呼ばれ、地震等の災害時における復旧がとても早いという特徴があります。災害対応型LPガスバルク供給システムを設置した場合、災害時でも調理や暖房、給湯はもちろん、LPガスを動力とした発電機(写真中央下)によって電気の利用も可能となります。災害時の避難場所として指定されている学校や医療機関の停電対策(※)等でご利用いただけます。

※低圧LPガス発電機単体で作られた電気を医療機器で使用することはできませんが、病院向け停電対策システムと組み合わせることにより、停電時でもLPガスで発電した電気を医療機器に使用することができます。