MENU

地震・洪水・台風等の災害発生時

地震

ガス器具を使用中に震度5以上の地震があった際は、ガスメーターの感震装置が自動的に作動し、安全のためにガスを停止します。地震が起きたら、下記の通りに対応してください。


火気の使用を停止してください。

全ての火を消して、器具のガス栓(元栓)を閉じてください。また、火気は決して使用しないでください。

LPガス容器のバルブを閉じ、管轄の営業所または認定保安機関に連絡してください。

揺れが大きかったときは、揺れがおさまったことを確認した上で、LPガス容器のバルブを閉じ(閉じ忘れると2次災害につながるおそれがあります)、管轄の営業所(担当営業所)または認定保安機関にてLPガス設備の点検を受けてからガスの使用を再開してください。

洪水・台風

身の安全を確保した上で、LPガス容器のバルブを閉じてください。

※日ごろから、LPガス容器の転倒や流出がないようにLPガス容器がチェーン等で固定されているか確認するようにしてください。LPガス容器が固定されていない場合は、管轄の営業所(担当営業所)までご連絡ください。
※管轄の営業所(担当営業所)や認定保安機関の連絡先がわからない場合は、緊急時のご対応と連絡にて、連絡先の検索が可能です。