MENU

ガスの臭いがする、警報器がなりやまない時

ガスの臭いがする。または、警報器が鳴り止まない。

ガスの臭いがする、または、警報器が鳴り止まない時は、下記の手順に従って落ち着いて対応してください。

1.火気の使用を停止してください。

全ての火を消して、器具のガス栓を閉じてください。また、火気は決して使用しないでください。

2.換気扇・レンジフード等や電気等のスイッチ、コンセントには手を触れないでください。

動いている換気扇は止めず、止まっている換気扇は動かさないでください。電気のスイッチも同様にして、手を触れないでください。スイッチを入切する際に、小さな火花が出るおそれがあるため危険です。

3.窓や戸等を開けて通風により換気をしてください。

換気扇・レンジフード等は使わず、必ず通風により換気をしてください。LPガスは空気より重いため、低いところや物陰にたまるおそれがあります。窓や戸を十分に開け、ガスを追い出してください。

4.ガス栓を閉じてください。

器具のガス栓(元栓)を閉じてください。ガスメーターのそばにあるガス栓も閉じてください。もし状況が許せば、LPガス容器のバルブも閉じてください。

5.管轄の営業所(担当営業所)または認定保安機関に連絡してください。

管轄の営業所(担当営業所)または認定保安機関に連絡をし、氏名、住所、連絡先を伝え、現在の状況を説明してください。

6.弊社担当者の指示に従って行動してください。

担当者の指示に従って行動してください。

※管轄の営業所(担当営業所)や認定保安機関の連絡先がわからない場合は、緊急時のご対応と連絡にて、連絡先の検索が可能です。