MENU

ダブル発電システム

ダブル発電システムとは、エネファームと太陽光発電システムを組み合わせて発電するシステムです。
天候や時間帯に左右されずに暮らしに合わせて発電するエネファームと太陽のエネルギーによって発電する太陽光発電システムはとても相性が良いため、この2つの優れた発電設備を組み合わせることで、単独で設置するよりもはるかに多くのメリットを生み出します。

特徴

環境性

ご家庭で使用する電力のほとんどを発電できるので、発電所で作られた電気を使用するよりもエネルギーの効率が良く、大幅に二酸化炭素の排出量を削減できます。ダブル発電システムによる二酸化炭素の削減量は年間で約3t以上、一般的なご家庭で一年間に排出される二酸化炭素量の60%以上を削減します。

経済性

エネファームで発電された電気は電力会社に売ることができませんが、太陽光発電システムによって発電された電気は再生可能エネルギーなので電力会社に売ることができます。そのため、ダブル発電システムでは、エネファームで発電された電気から優先的に使用し、不足分を太陽光による発電で補います。エネファームによって、発電量が底上げされている分、余剰電力が多くなるため、太陽光発電システムを単独で設置した場合と比較すると売電量が2倍以上に増加します。

こんな方におすすめ

新築や建替えで省エネ性の高い発電・給湯・暖房のシステムを検討している。

→エネファームと太陽光発電は相性が良く、それぞれを単独で設置するよりも多くのメリットが得られます。

結婚や出産、引越し等を機に世帯の人数が増えたので、給湯・暖房設備を新しくしたい。

→エネファームには、バックアップの給湯器が搭載されているので人数の多いご家庭でも湯切れの心配なく、快適にお湯をご利用いただけます。

電力会社からの購入電力量をとにかく抑えたい。

→ダブル発電システムなら購入電力量を抑えるだけでなく、余った電力を電力会社に売ることができます。

住宅に最先端の設備を取り入れたい。

→ダブル発電システムは、エネファームと太陽光発電を組み合わせた新しい住宅設備です。
現在、戸建や建替えの住宅を中心に普及が進んでいます。