研修制度

仮配属先研修

正式に配属が決まるまでの期間は仮配属先でのOJTによる研修が主体となります。先輩社員と同行で実際にお客様のところへ伺って、仮配属先で行なわれている業務の実務研修をします。資格が必要となる業務やお客様の安全に関わる業務が多いため、社内でのロールプレイングなども実施した上で、時間をかけて業務を学んでいただきます。

他部署研修

正式に配属が決まるまでの期間では、仮配属先以外の関連部署での研修も行ないます。各部署で働く人や具体的な仕事の内容を知ることができるため、配属を希望する部署を考えたり、本配属後に業務を行なったりする上でも大切な研修です。

ブラザー・シスター制度

新しく入社した社員がいち早く社会、会社、部署に順応できるように、ブラザー・シスター制度を導入しています。新入社員1人に対して、先輩社員1人をつけて、マンツーマンで定期的なフォローを実施しています。目標の設定や課題の発見、困りごとの相談などができる体制を整えています。入社数年後には、先輩社員(兄・姉)として新入社員のサポートも行なっていただきます。

詳しく見る

フォローアップ面談

入社1年目は、毎月役員と面談を行ないます。面談では希望する配属先や困っていることがないかなどについてのヒアリング等を実施します。長期的なビジョンとしてどのような部署で働いてみたいのか、どんな社員になりたいのかを聞きジョブローテーションにも反映させます。

資格取得講習会

業務に必要な資格取得の社内講習会を実施しています。社員が講師となり、少人数で講習を行なうため、個々人の理解度に合わせた内容を学ぶことができます。

社内勉強会

社員による社員のための社内勉強会を定期的に開催しています。勉強会の企画は推進役の社員が中心となって行ないます。外部の講師による講習や役員による決算の説明など、テーマは毎回異なりますが、座学だけではなくワークやディスカッションも行なうため、学んだ内容はすぐに実務に活かすことができます。

メーカー研修

仕入先メーカーの研修、器具メーカーや住宅設備メーカーによる研修に参加していただきます。
ビジネスマナー研修や営業の基礎講座・業務実習などにより、業務に必要な知識を身につけていただきます。1年目はもちろん、2年目以降もキャリアにあった研修に参加できるため段階的にスキルアップが可能です。また、研修参加者が研修で学んだ知識やノウハウを共有するための勉強会なども実施しています。